銀blog

毎日の生活のチップスになるようなテーマ、個人的に思っていること、日記など

【要注意】「悩む」と「考える」は全く別物である|圧倒的悩みの解決法

f:id:silvershogun:20210726150258p:plain

 

こんにちは。

 

今回は “「悩む」と「考える」は全く別物である”というテーマです。

 

こんな人におすすめです

✔いつも決断が遅くてチャンスを逃してしまう人。 

 

✔頭の中が常に何かの悩み事や心配ごとで埋まっていること。 

 

✔悩んでいていつも結論が出ていない人。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私も、読んでくれているあなたも多かれ少なかれ「悩み事」があると思います。

 

「留学したいが、費用や留年リスクを考えると行くべきかわからない

 

「新しくバイトをしたいがどんなバイトがいいか迷う

 

「めちゃくちゃ可愛いゼミの同期の女の子と仲良くなりたいがどうすれば良いかわからない」

 

「今の会社から転職しようと思うがどうしよう、、、

などなど

 

「悩み事」は日常的に頭の中から離れず、脳の容量を奪っていく、好きな人みたいなものですよね笑

 

片思いのイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

ただ、好きな人と違って、悩みは頭にあっても全然心地よくないです。

っていうか、悩みは無いに越したこと無いと思います。

 

そうは言っても悩みを無くすなんてできるわけない!!!って思う人もいるでしょう。

 

たしかにその通りです。

私は悩みを無くすように気楽に生きようと唱えたいわけではありません。

 

むしろ私も悩みまくります。

 

ですが私は「悩み事」から「考え事」に変えるように普段から心がけているので

比較的悩みに支配されることは少ないです。

 

改めて本題に戻りますが、「悩む」と「考える」は全く別物であるということを話します。

 

☆悩むとは結論を出そうとせずに、頭の中で堂々巡りしている状況である

混乱する人のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

例えば、留学に興味があるけど、どうしよう。。

といったような、

何に悩んでいるのか曖昧で、自分の頭の中では色々思い巡らせて前進しているように見えるが、

 

実際は、同じ円の中をぐるぐる回っているだけで何も解決していない状況です。

 

これ、客観的に捉えるとなかなか意味不明な行動です。

あなたがもし、数学の問題を解いていて、

 

「 A君はりんごを10個、B君はバナナを5個持っています。答えを書きなさい。」

 

って問題が出たら「はっ?」ってなりますよね笑

だって何が問題なのか、何を考えれば良いのか全くわからないからです。

 

ですが、これがつまり、悩んでいる状態なんです。

 

「何も問われていない数学の問題について頭を使うこと」が「悩んでいる状況」と同じだということです。

 

どんな人が悩みやすいか: 

こだわりが強い人、大きな失敗体験や成功体験をしてこなかった人、自分に自信がない人、明確なゴールがない人

 

どんな時に悩みやすいのか: 

時間的制限がない時、1人で抱え込んでいる時、逆に目的なく大勢の人から意見を聞きすぎた時、

 

なぜ悩むのか:

頭が整理されていないから、結論を出すことに自信が無いから先延ばしにしている、今、自分が何に対して頭を使っているのかが分かっていないから、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

では「考える」とはどういうことでしょう。

 

☆考えるとは「なにを決めるのか」が明確な上で、事実、メリットデメリット、個人的な好みなどを、洗い出して結論を出すこと。

フリー 素材 ひらめき アイコン Clipart (#5809361) - PinClipart

「悩む」の例で上げた”留学に興味がある”は

「考える」だったらどうなるかというと

 

 留学に興味があるけど、そもそも留学ってどんな種類があるのかなにを目的にするのかなどの基礎知識が、今の自分には皆無である。なので留学ついてインターネットで具体的に調べた上でメリット・デメリットを洗い出して、その上で自分は留学に行きたいのか判断してみよう

 

とかですかね。出来栄えはともかく考えるとはこんな感じだと思います。

 

考えている時は、頭の中はクリアで一本の道があります。

 

そして考えれば考えるほど、進んでいる感を持てるので気分も良くなる。

 

そして抽象的なことをひたすら噛み砕いて言葉にしている、つまり「言語化」ができています。

 

つまり考えるとはゴールに向かって進むことが目的となって試行錯誤している状態とも言えます。

 

悩むと考えるを図で表すと下のようになります。

 

f:id:silvershogun:20210727151434p:plain



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

結論:

 

「悩み事」は

 

何を決めるのかと、結論を出すようにすることで

   

「考え事」に変えろ

 

です。

 

悩みは幸いなことに考え事に変更することが可能です。

そして、考えられるようになったあなたは必ず今までよりも前向きな思考、行動を取ることができるでしょう。

 

最後にアクションプランを添えて終わります。

 

☆アクションプラン 

 

✔悩んだ時は「今自分は何に悩んでいるのかを」紙に書く。

 

 

✔悩んだ時は択一的に問を作ってにしてどんどん結論を出していく。

ex. 最近ハゲてきた、、、どうしよう

→1 治すのか、2諦めるのか、3もう少し様子を見る 

 

→治すなら、1薬を飲んで本格的に治療する、2生活改善から始める

 

→ 薬を飲むならまず病院に行ってとりあえず一回先生に薬のことを教えてもらおう  みたいな

 

 

✔悩んだ時は言葉にする言語化、紙でもパソコンでもなんでもよい。言葉にする   

 

 

以上です、